沿革

 1964年(昭和39年) 1月 北海熔材株式会社、株式会社旭興社が企業合同し、
             商号を和商株式会社と改称。  払込資本金1,300万円。
             本社を札幌市に、営業所を旭川、苫小牧、室蘭、釧路に設置。
 1964年(昭和39年) 7月 建設業登録、登録番号(カ)石第2853号を取得。
 1967年(昭和42年) 10月 札幌市発寒鉄工団地に発寒営業所を開設。
 1969年(昭和44年) 5月 払込資本金2,000万円に増資。
 1970年(昭和45年) 6月 コンピュータシステム導入。
 1973年(昭和48年) 2月 建設業法一部改正(許可制)による許可番号(般-48)石第598号を取得。
 1974年(昭和49年) 6月 払込資本金4,000万円に増資。
 1975年(昭和50年) 5月 恵庭市に恵庭営業所を開設。
 1990年(平成2年) 10月 札幌市発寒鉄工団地に札幌営業部社屋を新築。
 1992年(平成4年)  2月 創業40周年記念コンサート(札幌交響楽団)開催。
 1997年(平成9年)  2月 建設業許可、北海道知事許可(般−8)石第598号を更新取得。
 1997年(平成9年) 11月 本社を札幌市中央区から西区発寒に本社所在地を変更登記。
 2002年(平成14年) 2月 建設業許可、北海道知事許可(般−13)石第598号を更新取得。
 2006年(平成18年) 7月 釧路営業所の社屋・倉庫を新築。
 2007年(平成19年) 3月 建設業許可、北海道知事許可(般−18)石第598号を更新取得。
 2007年(平成19年) 7月 全拠点ネットワークとコンピュータシステムを一新。
 2007年(平成19年) 9月 苫小牧営業所の社屋・倉庫を新築
             創業55周年を記念し、和商マスターズゴルフ全道予選・決勝大会
             および美輪明宏ディナーショー(12月)にお取引先様ご夫婦招待。
 2012年(平成24年) 1月 建設業許可、北海道知事許可(般−23)石第598号を更新取得。
 2012年(平成24年) 9月 創業60周年を記念し、和商マスターズゴルフ全道予選・決勝大会
             および布施明ディナーショー(11月)にお取引先様招待。
 2017年(平成29年) 2月 建設業許可、北海道知事許可(般−18)石第598号を更新取得。


社章の由来

     組み合わされた2個の亀甲(昔から縁起を祝う)は、
  企業合同を示す握手と"和"を、中文字のSは、"商"の頭文字
  を現わし、社章全体で和商を象徴する。
  また、線の等間隔は規律ある社風を示し、上下対象は安定した
  バランスを表現する。

                                        TOP へ